ワイメール 公式オンラインヘルプ

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home 迷惑メール対策関連 DMARCとは何ですか?

DMARCとは何ですか?

Eメール 印刷 PDF

DMARCとは「Domain-based Message Authentication,Reporting and Conformance」の略で、SPF認証、DKIM認証といった既存の認証技術を利用して、詐称されたメール(なりすましメール)を受信側がどう扱うべきかの方針を、ドメインの管理者側が宣言するための仕組みです。

2012年1月にGoogle、Facebook、Microsoftをはじめとする15社の米国企業が、スパムやフィッシングの脅威撲滅を目的としたワーキンググループ「DMARC.org」を発表しました。

DMARCに対応した受信サーバが広まると、例えばワイメールをご利用のお客様が、「mag.example.jp」という独自ドメインを持ち込んで(送信元アドレスを「***@mag.example.jp」として)メール送信を行っていた場合、もし他の第三者がこの「***@mag.example.jp」になりすまして他の場所からメールを送信しても、ワイメールが公開しているDMARCポリシーによって、自動的に迷惑メールとして扱ったり、破棄したりすることができるようになります。

「dmarc とは」の画像検索結果

引用元:https://itc.jipdec.or.jp/narisumashi_taisaku.html

 

主要なISPやメールサービスはすでに対応しており、実装する動きが広まってきています。

もちろんワイメールでも、送信側のドメイン管理者として適切なDMARCポリシーを公開しています。

 

最終更新 2017年 4月 20日(木曜日) 07:12