ワイメール 公式オンラインヘルプ

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home 迷惑メール対策関連 お客様ご自身で既存のドメインのDNSを管理されていて、DNSレコードの編集権限をお持ちの場合-DKIM設定

お客様ご自身で既存のドメインのDNSを管理されていて、DNSレコードの編集権限をお持ちの場合-DKIM設定

Eメール 印刷 PDF

例では、

  • 既存ドメイン:       example.jp
  • OS:             Linux
  • DNSサーバソフト:    BIND
  • ゾーンファイルの場所: /var/named/example.jp.zone

とします。

 

DNSサーバの、既存ドメインのDNSレコードファイルを開きます。

$ su -
# vi /var/named/example.jp.zone

下記の行を追加します。

_policy._domainkey IN TXT "t=y; o=~"
_domainkey IN TXT "t=y; o=~"
selector._domainkey IN TXT 保存した文字列

保存して終了します。

:wq

DNSサービスを再起動します。

# /etc/rc.d/init.d/named restart

以上でTXTレコードの編集は完了です。

DNSサービスを再起動してから、実際にインターネットに反映されるまで、24時間ほどかかる場合があります。

 

最終更新 2016年 9月 12日(月曜日) 18:29