ワイメール 公式オンラインヘルプ

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home バージョンアップ情報 オープンリレーサーバになっていないことを確認するにはどうすればよいですか?

オープンリレーサーバになっていないことを確認するにはどうすればよいですか?

Eメール 印刷 PDF

ワイメールでご提供している配信環境においては、許可された一部のローカルネットワークからの中継以外は、すべて拒否する仕様になっておりますので、もちろんオープンリレーサーバなどにはなっておりません。どうぞご安心ください。

ご自身でオープンリレーサーバになっていないことを確認するには、下記の方法があります。


第三者の提供する不正中継チェックサイトを利用する

以下のサイトで不正中継のチェックが可能です。必要に応じてご検証ください。

「ホスト名」の欄に、現在ご利用中のドメイン名を入力し、「check」ボタンをクリックすることで、外部からの不正中継が可能な状態になっていないかのチェックが行われます。

http://www.rbl.jp/svcheck.php

 

telnetを利用し確認する

ご自身のSSHクライアントソフトなどを利用し、telnetで確認する方法です。

telnet接続が利用可能なクライアントソフトを起動し、下記の要領でチェックを行います。

※以下の「***.y-ml.com」の部分は、現在ご利用中のドメイン名に読み替えてください。

telnet ***.y-ml.com 25 (←入力)

Trying ***.***.***.*** ...

Connected to ***.y-ml.com.

Escape character is '^]'.

220 ***.y-ml.com ESMTP Postfix

EHLO example.jp (←入力)

250-***.y-ml.com

250-PIPELINING

250-SIZE 10240000

250-VRFY

250-ETRN

250-AUTH PLAIN LOGIN

250-AUTH=PLAIN LOGIN

250-ENHANCEDSTATUSCODES

250-8BITMIME

250 DSN

MAIL FROM: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください (←入力)

250 2.1.0 Ok

RCPT TO: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください (←入力)

554 5.7.1 < このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください >: Relay access denied (←この応答があればOK)

quit (←入力)

221 2.0.0 Bye

Connection closed by foreign host.

 

最終更新 2014年 4月 22日(火曜日) 09:59